歩くことは健康にいい!車と上手な付き合い方をしよう

住んでいる地域によっては、車所有の有無は変わってくるでしょう。

一見便利な車ですが、住んでいる場所によって車がなくても生活に支障がない人もいます。電車やバスなどの公共交通機関が発達している都市部では車を持っていても普段あまり乗らない、という人もいるかもしれません。

そんな場合には、車を手放すことも視野に入れるのも一つの節約にもエコにもなります。

車はそもそも乗る距離に関係なく、維持費にもお金が掛かります。ガソリン代は乗る頻度や距離によって金額が変わりますが、税金、保険、車検代は車を所有しているだけで費用が掛かります。住まいによっては駐車場代が必要な人もいるでしょう。

車検は毎年ではなく用途や種別によって違いはあるものの多くは2年ごとになっており、車種にもよりますが車検の相場は5万円~11万円ほど掛かります。もちろん、不具合があれば、修理や部品交換の分、余計にお金が掛かります。

また保険でも費用が掛かります。こちらも車種、年式、運転者の年齢や対象者(本人のみや家族も含むなどの違い)、保障などで大きく変わります。

今は走行分だけ保険料が掛かる、などいろいろなタイプもあるので一概には言えないのですが、少なくとも年間で6万円~10万円ほど掛かると考えておいた方がいいようです。もっと掛かる場合には、保障内容や対象車両によって20万にも30万円にもなることもあります。

実際に年に数回乗る程度の場合は、車はその時にレンタカーを借りた方がよほど経済的ではないかと思います。

元々車を使う生活でない場合、当然歩きがメインになるので普段の生活が節約やエコになっていると言えます。電車やバスも近くならば利用しないなど、公共交通機関の利用の仕方によっては、更に節約、エコになります。

ある程度遠くならば自転車で、という人もいるかもしれません。いいことだと思います。

ただ、エコにはなるが節約になるとは限らない歩き方もあります。

例えば、電車で降りる予定の1区間前で駅を降りて歩くことにしたとします。しかし、その区間によっては、実は金額に違いがなかった、なんてこともあり得ます。

これが元々車vs歩きや、電車やバスの運賃の価格が切り替わるタイミングならば節約にはなるでしょうが、そのあたりの確認をせずに途中ちょっとの距離だけ歩くという場合は、あまり意味がないこともあります。

「節約をしたい」というならば、電車1区間だけ歩こうと決める前に、運賃の確認をした方がいいかもしれませんね。

もちろん、歩くことそのものは健康増進に繋がっています。健康に良いということは、長い目で見れば、医療費の節約に繋がっていきます。ので、節約という面で全く意味がないかと言われればそうとは限りません。

若いうちは気付かないことも多いのですが、基本的な体力や筋力の違いは、年を取ると大きく差が目に見えてきます。高齢者で持病を持ち病院をいくつも通っている人もいれば、スポーツまでやって若い人に負けないくらい元気な人もいます。病院代も薬代もバカになりません。この差は本当に大きいです。

「歩く」ということは、節約という面ですぐに結果が出るとは限らない、長い目で見ることも必要だと頭に入れておいた方がいいと思います。

もちろん、車が必須な地域もあります。そういう場合は、車と上手く付き合っていけばいいのではないかと思います。