歩くことは健康にいい!車と上手な付き合い方をしよう

住んでいる地域によっては、車所有の有無は変わってくるでしょう。

一見便利な車ですが、住んでいる場所によって車がなくても生活に支障がない人もいます。電車やバスなどの公共交通機関が発達している都市部では車を持っていても普段あまり乗らない、という人もいるかもしれません。

そんな場合には、車を手放すことも視野に入れるのも一つの節約にもエコにもなります。

車はそもそも乗る距離に関係なく、維持費にもお金が掛かります。ガソリン代は乗る頻度や距離によって金額が変わりますが、税金、保険、車検代は車を所有しているだけで費用が掛かります。住まいによっては駐車場代が必要な人もいるでしょう。

車検は毎年ではなく用途や種別によって違いはあるものの多くは2年ごとになっており、車種にもよりますが車検の相場は5万円~11万円ほど掛かります。もちろん、不具合があれば、修理や部品交換の分、余計にお金が掛かります。

また保険でも費用が掛かります。こちらも車種、年式、運転者の年齢や対象者(本人のみや家族も含むなどの違い)、保障などで大きく変わります。

今は走行分だけ保険料が掛かる、などいろいろなタイプもあるので一概には言えないのですが、少なくとも年間で6万円~10万円ほど掛かると考えておいた方がいいようです。もっと掛かる場合には、保障内容や対象車両によって20万にも30万円にもなることもあります。

実際に年に数回乗る程度の場合は、車はその時にレンタカーを借りた方がよほど経済的ではないかと思います。

元々車を使う生活でない場合、当然歩きがメインになるので普段の生活が節約やエコになっていると言えます。電車やバスも近くならば利用しないなど、公共交通機関の利用の仕方によっては、更に節約、エコになります。

ある程度遠くならば自転車で、という人もいるかもしれません。いいことだと思います。

ただ、エコにはなるが節約になるとは限らない歩き方もあります。

例えば、電車で降りる予定の1区間前で駅を降りて歩くことにしたとします。しかし、その区間によっては、実は金額に違いがなかった、なんてこともあり得ます。

これが元々車vs歩きや、電車やバスの運賃の価格が切り替わるタイミングならば節約にはなるでしょうが、そのあたりの確認をせずに途中ちょっとの距離だけ歩くという場合は、あまり意味がないこともあります。

「節約をしたい」というならば、電車1区間だけ歩こうと決める前に、運賃の確認をした方がいいかもしれませんね。

もちろん、歩くことそのものは健康増進に繋がっています。健康に良いということは、長い目で見れば、医療費の節約に繋がっていきます。ので、節約という面で全く意味がないかと言われればそうとは限りません。

若いうちは気付かないことも多いのですが、基本的な体力や筋力の違いは、年を取ると大きく差が目に見えてきます。高齢者で持病を持ち病院をいくつも通っている人もいれば、スポーツまでやって若い人に負けないくらい元気な人もいます。病院代も薬代もバカになりません。この差は本当に大きいです。

「歩く」ということは、節約という面ですぐに結果が出るとは限らない、長い目で見ることも必要だと頭に入れておいた方がいいと思います。

もちろん、車が必須な地域もあります。そういう場合は、車と上手く付き合っていけばいいのではないかと思います。

場合によってはちょっと募金が必要?衣料や文具の海外支援もある

衣類の処分の方法として、ネットオークションやリサイクルショップはよく耳にします。また、近所とのやりとりの方もいるかもしれません。他にもリメイクも多く聞きます。

そんな中、古着で多少なりとも利益が欲しい場合は無理ですが、困っている人の役に立つなら多少の出費は構わない人はこの方法もありだと思いますが、どうでしょうか。

それは衣類を寄付することで海外支援を行うことです。これも立派なエコ活動の一つになります。

貧困問題が全くないとは言いませんが、幸いにも日本では生活に困ることは少ないです。

対して、海外で古着を必要としている所は多くあり、古着の寄付を募り、輸送しているNPOやNGOなどの団体が数多くあります。

その中で問題になっていることもあります。言葉は悪いですが、ゴミ処分の感覚で古着を寄付する人です。もちろん不用品となっているからこそ古着を寄付するのでしょうが、着る側からすれば、あまりにボロボロになっている服を送られても困るのは想像できるのではないかと思います。

集めている団体によって違いはあるものの、ある程度の目安はこのようなものだと頭に入れておくといいかもしれません。

NG品として、中古の下着や靴下、着物、小物類(ネクタイやベルトなど)がよく挙げられます。逆に喜ばれるものとしては、Tシャツやトレーナー、ズボンなどがあります。当たり前ですが洗濯済みで、破れたり汚れがないものとなっています。

また衣類以外にノートやえんぴつなどの文房具、タオルなどの日用品を受け付けているところもあります。

ただ、団体によっては、直接海外に送るのではなくこちらで販売してその売り上げを寄付するというところもあり、その場合は受付品が大きく変わります。他ではNG品でも受け付けている場合が多いです。本当にいろいろな団体があります。

もしやってみようという場合に気をつけなければいけないのは、送料の負担です。団体によっては、海外への運搬料の寄付を募っているところもありますし、多くは団体への衣類送付に送料が掛かります。

ちなみにふるさと納税で知っている人もいると思いますが、NPOなどへの寄付で一定額以上の場合、税金の控除を受けることができます。確定申告は必要ですが、寄付の状況によっては、税金控除ができるかもしれません。

補足として知識として知っておくと寄付先の参考になるかもしれませんが、国際的な古着ビジネスも広く普及しています。例えば寄付された服やリサイクルショップで売れ残った服を発展途上国で安く売るビジネスです。

一見、安く売るのでいいことのように思えるかもしれませんが、あまりに安く売買されると、状況によってはその国の繊維産業を圧迫することもあるのです。もちろん、どちらも仕事としてその国の人達の生きて行く上で必要な仕事と考えると、一概にそれも否定できず、難しい問題でもあります。

ただ、私達ができることは、きちんとしたルートでもって輸出され、本当に困った人達に届くようなシステムで衣類が届く組織に委ねることです。その為には、善意で動いている正しい業者や団体を見極めなければいけないと言えます。それは、エコ活動とは違う意味でも必要なことかもしれませんね。

できる再利用はどんどん協力しよう!服以外に活用しているものは

衣服のリメイクなど自分で直接手掛けないことはあっても、リサイクルできるものや再利用しているものは多くあります。そうしたものも意識して使用するのも地球環境に優しい活動をしていると言えます。

まず、広く知られているものとしては、やはりペットボトルや空き缶(アルミ缶、スチール缶)でしょう。

ペットボトルの回収率は、2015年の段階で92.4%となっています。これはやはりペットボトルのゴミ箱が分別され、捨てる側もきちんと分けて捨てることが当たり前になってきているからだと感じます。とても素晴らしいことだと言えます。

捨てることが当たり前になっても、そのペットボトルから何へと変わって行くのかを知っている人は、そう多くないかもしれません。

ボトルTOボトル(再使用のリユースではなく、作り直す。)をはじめ、クリヤファイル、たまごパック、他にもスーツやトートバックやボールペンまで作られます。スーツなどは意外に思う人も多いでしょう。

プラスチックも今はゴミの分別でも分けられるようになりました。ペットボトル同様、再利用されているのですが、ペットボトルよりも身近な品は少なく、多くはパレット(リフトなどで物を運ぶ時の荷台)や再生樹脂原料として出回ります。

******************************
リサイクルして節約して、それでも生活費に困ったらここ!
女性でも安心して借りられます!
SMBCモビットの利用体験談
******************************

いずれにしても、これらに紙やビンも含めて、消費者は分別しながら排出、市町村は分別しながら回収、事業者が再商品化するという役割の元、処理について「容器包装リサイクル法」で義務付けられています。

もちろん、再利用できるものは、他にもいろいろあります。例えば、電池もリサイクル電池が少しずつですが、増えてきているようです。

とはいえ、一般的に出回っている乾電池の多くはリサイクルできない一次電池と言われるもので、まだまだリサイクルできる電池の普及は少ないと言えます。今は充電式の電池もありますし表示などでわかりますので、できるだけリサイクルできる、またはリサイクルされた電池を使うようにしたいものです。

大きなものでは、家電用品のエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機が対象品として、家電リサイクル法で処分方法などが取り決められています。ただ形式やタイプによっては対象外の場合もありますが、基本的には正しい業者に引き渡したり正しい手続き方法で処分しないといけないことになっています。

この家電製品の処分には、サイズ等よって違いますが、大よそ1,000円から5,000円ぐらいの費用がかかり、また運搬量や収集量も掛かることになります。となると、かなりの出費になってしまい、負担は大きく感じるでしょう。

つい、近所を回っている回収業者に渡したくなりますが、その中には違法業者も多く、不法投棄をはじめ、金銭トラブルに繋がる可能性もあります。

何より正しく回収された家電製品は、きちんと部品や材料になった状態も含めてかなりの率で再商品化されています。(例えば平成28年のエアコンの再商品化は、92%。)

費用の負担方法に問題はあるかもしれませんが、リサイクルできる仕組みや協力は必要だと思います。

ただ、どんなモノでも一番いいのは、必要以上に買わないことだと言えます。また、もし何かしらの商品を買うとしても、なるべくリサクリ商品を買うことではないでしょうか。

確かに現状を見ると価格的にリサイクル商品が買いやすいとは言いにくいモノもあり、難しいとことかもしれません。だからと言って買わないともっと価格的にも商品そのものにしても消費者に有益な事業展開には繋がっていかないのではないでしょうか。

お下がりだっていいじゃない!リサイクルも今は方法がたくさん

子ども服を中心に、古着の処分に困るのは誰もが同じでしょう。リサイクルショップを見かけるようにはなりましたが、実際に古着が活用されているのは、まだまだ少ないようです。

例えば、アルミ缶、スチール缶合わせても平成26年の空き缶の廃棄量は、86,000トンになります。対して衣類の廃棄量は、少し古いですが、平成22年で約940,000トンです。10倍以上です。

売れ残りや家庭から出るものの差も考えなければいけないのでしょうが、実際、この量はすごいものです。

事業所からの分は兎も角、私達から出る衣類ゴミを減らす方法を考えてみた場合、それはいくつかあります。

服を着なくなった場合と服を買う側でまた違うかもしれませんが、繋がってる部分もあります。

買う立場で多いのは、やはり今はネットを中心とした古着の売買でしょう。

ただネットの場合、オークションが流行っていますが、どこでやりとりしようとも一歩間違えばトラブルになりかねません。ネットならではのいい面もあるのですが、相手が目に見えないということは頭に入れて、慎重にやりとりする必要はあるかと思います。

相手が目に見えない点が心配な場合は、やはりフリーマーケット、リサイクルショップでしょう。買う側としては、ブランド物も安く手に入るし、服を直接この手で確認できるメリットがあります。フリマなら価格交渉も可能です。

昔ならご近所の場合、子どものお下がりを貰うこともありました。近所づきあいが希薄になった今はなかなか難しいかもしれませんが、話をすれば応じてくれる人はまだまだいます。

節約=(イコール)ケチとか恥ずかしいことではなく、「モノを大切に環境に優しいことをしたい」と言う視点で話をすればいいのでは。もちろん、もし服などもらう側なら気持ち程度でいいのでお礼をすれば、交流も深まります。

服を処分する側の方法としては、他にもいくつかあります。

店舗によっては、服や靴の下取りを行っている所があります。古着回収しているブランド店もあります。多くはメーカー関係なく回収してくれます。ただし、期間限定を設けている所もあるので、確認が必要でしょう。

これは、多少募金的な費用が掛かることも多いのですが、発展途上国等、海外支援として衣類を送るボランティアを行っているNPOやNGOが多く存在します。対象国や扱う品目、方法など、本当に様々です。

古着の使いまわしとしては、リメイクと言う方法があります。と、言うと縫物は苦手と言う人もいると思います。確かに得意な人は、服からまた服を作ったり、着物から服など上手に作るでしょう。

しかし、針を使わなかったり100均で道具を買い足したりして、巾着や小物など単純な作業でできるものもたくさんあります。

大人の服から子ども服では、ちょっと切るだけで作ることもできます。ここでは説明しきれないので省きますが、ランニングシャツでエコバッグを作ることもできます。検索してみてください。昔の人など、ストッキングではたき、なんてものもありました。

もはやリメイクも難しければ、自治体で回収している所もありますし、そのまま捨てるのではなく、小さく切って食器の洗いもの前の油拭きにしてもいいと思います。