殺虫剤って人間にも毒!化学薬品を使わなくたって害虫予防はできる

殺虫剤の話をしようと思います。まず殺虫剤は言葉の通り、虫を殺すものです。

種類によっては虫を殺すのではなく、忌避剤と言って虫が嫌う成分を出して寄せ付けないというものもありますが、多くは駆除するのに害虫を殺す作用を持っています。虫だろうが殺すということは、生き物を殺す力があるということです。

家庭で使われる殺虫剤の多くはピレスロイド系と言われる種類で、昔で言えば蚊取り線香に含まれている防虫菊になります。

この殺虫剤の代表とも言えるプレスロイドは神経毒になり、神経細胞に強く作用し、麻痺や痙攣を起こし、死に至ることもあります。

とはいえ、昆虫や両生類爬虫類に効果があり、人間をはじめとする哺乳類、鳥類にはほとんど影響がないとも言われています。人間には作用しないし、即効性はあるが分解も早いとも言われています。

しかし逆に、まったく無害かと言えばそうとも言えず、虫だろうが殺すような成分であるのは人間にとってもやはり毒と言える、という意見もあります。難しいところです。

もちろん、人間には無害という意見の中にも、アレルギー症状が出ることがあったり、化学性肺炎を発症する可能性があるとも言われています。結局は、まったく無害と言う訳ではないのです。

特に赤ちゃんや幼児に対しては、注意する必要があります。あまりに小さいうちからピレスロイド系殺虫剤が身近に使われていると、大きくなってからピレスロイドに対して体質的に過敏になってしまう可能性もあるとも言われます。

もちろん殺虫剤を全て否定するつもりはないですが、使いすぎない方がいいのは確かです。結局は、化学薬品なのですから。全く使わないと言うことではなく、殺虫剤を多用するのではなく最小限にしてみたらどうかと思います。

害虫と言われる虫も本来必ず殺さないといけない訳ではなく、例えば、蚊ならば部屋にいなければ問題ないはずです。(外なら刺されていいと言う訳ではないのですが…。)

では、どうやって害虫と言われる虫をやっつけたり追い払ったりするのか。人間の昔の知恵は本当にすごいものです。

蚊はご存知の通り、例えわずかでも水たまりがあれば、卵を産みます。そして、幼虫のボウフラになり、水の中で成長します。

庭の池などならば、金魚やメダカを飼うとボウフラを食べてくれます。

金魚が難しい場合は、銅を入れておく方法もあります。銅イオンがボウフラにダメージを与えるそうです。手頃なのは10円玉(1L当たり、20枚が目安)です。新たに駆除用品買うよりは、安いと思いますが、もったいないと思う人は別の銅製品を探しましょう。

後は、あえて罠というわけではないのですが、1つ容器に水を入れておき、ボウフラがわいたら水を捨てることを繰り返す。

他には、ラベンダーの香りも忌避剤の変わりになります。出入り口にオイルをスプレーしたり、ラベンダーの束を下げておくのもおしゃれでいいかもしれません。

ゴキブリは、昔からあるホウサン団子が効果的です。ただし、小さい子どもがいる家は注意が必要でしょう。材料は、ほう酸125g、玉ねぎのすりおろし大さじ1/2(ジャガイモのすりおろしも混ぜるといい)、砂糖大さじ1、小麦粉・牛乳各1/2カップで作れます。

素手で触らないようにしましょう。作るのは面倒と言う方は、買ってもいいと思います。

衣類の防虫には、やはりハーブがオススメです。服をしまう際にもきちんと汚れを落とし、しまっている間も時々虫干しをするといいです。

あえて薬品を使わなくても、自然のもので防虫効果があるものは、たくさんあります。ちなみにクモは害虫を食べてくれるので、クモは必要以上に退治しない方がいいでしょう。