掃除にも節約のヒントが?ちょっとした手間が節約に繋がることも

料理や洗濯ならばまだしも、掃除が苦手、という人は結構多いと思います。部屋を綺麗にすると気持ちがいいのはわかるけれど、忙しくてそんな余裕はない、と言う人もいるかもしれません。

しかし、ちょっとしたついでのひと手間ならばなんとかなるのではないでしょうか。それが、節約やエコに繋がるならば一番いいですよね。とはいえ、ピンとこない人もいるかもしれません。

洗いものが終わった後、ガスレンジ回りや、電子レンジ回りを軽くひと拭きする。トイレに入ったついでに床や便座をさっと拭く。歯みがきをしたら、洗面台や鏡を拭く。

「わかるけど、綺麗にしたい所が多すぎてできない。」という人もいるでしょう。一度に全部やらなくても、ゴシゴシ力を入れて頑張らなくてもいいんです。その時、または1日に1か所でもいいと思います。

都度違う場所を軽くひと拭きする形でいいので、毎日続けることが大切です。そうなると習慣化してきて、ついで掃除も苦になりません。自分で掃除するポイントや目につく箇所もわかってきます。

いちいち掃除道具を引っ張り出すのも面倒ですから、「ついで」をしやすい環境を作っておくと、続けやすいです。

洗面所やトイレの片隅、または引き出しや扉の中のわずかなスペースで構わないので、古Tシャツやタオル、シーツなど、捨てていい布を手ごろな大きさに切って置いておきます。目につくようなら、可愛い籠や箱に入れてもいいですよね。

それがないなら、エコの観点からはあまりオススメはしませんが、市販の除菌シートを使うのも一つの手です。そこからついで掃除に慣れて、ボロ布に移行していくのもありだと思います。

古歯ブラシも一緒にストックしておくと、ついで掃除に活躍します。古歯ブラシがなければ綿棒でもいいし、時間のある時にボロ布を割り箸に巻いて掃除用の棒を作っておいてもいいと思います。

それらを水でぬらして拭くだけでもいいのですが、どうせなら布や古歯ブラシと一緒に掃除用のスプレーも置いておくとついで掃除が楽です。100均で小さなスプレーを買って、そこに入れておけば、場所は取りません。

そのスプレーですが、わざわざお風呂用、トイレ用と場所別に買う必要もないのですが、わざわざたくさんの種類の洗剤を持っている人がいます。

基本的にはアルカリ性、酸性と性質を見て洗剤を使い分ければ、汚れは取れます。場所ごとではなく、汚れの種類ごとで考えれば、場所ごとに洗剤を買う必要はありません。

酸性の汚れとしては、油汚れ、皮脂の汚れがあります。アルカリ性の汚れとしては、水アカ、排泄物の汚れ、石けんカスがあります。

酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を使います。重層、炭酸塩(炭酸ソーダ)、セキス炭酸ソーダがあります。

アルカリ性の汚れには酸性の洗剤が効きます。クエン酸、酢などがあります。

それらでちょっとした掃除スプレーを作っておくのです。そうすれば、場所ごとの洗剤は不要です。

これが基本ですが、弱アルカリ性などわかりにくかったり、場所によっては油汚れと水アカといろいろ汚れが混ざっているなど、あるかもしれません。分からない時は、洗剤の裏面にどこの掃除にむいているのか記載されているのでそれで判断するといいでしょう。

他にも洗剤ではないのですが、米のとぎ汁は食器洗いに使えたりフローリングのワックス変わりになる、茶がら(お茶を飲んだ後の葉)はシンクの汚れ落としや脱臭変わりになります。これこそエコと言える使い方ですね。

最後に掃除で要注意なのは、「まぜるな危険」となっている洗剤は、他の洗剤や洗浄剤と混ざると有毒ガスが発生する場合があるので、守るようにしましょう。