殺虫剤って人間にも毒!化学薬品を使わなくたって害虫予防はできる

殺虫剤の話をしようと思います。まず殺虫剤は言葉の通り、虫を殺すものです。

種類によっては虫を殺すのではなく、忌避剤と言って虫が嫌う成分を出して寄せ付けないというものもありますが、多くは駆除するのに害虫を殺す作用を持っています。虫だろうが殺すということは、生き物を殺す力があるということです。

家庭で使われる殺虫剤の多くはピレスロイド系と言われる種類で、昔で言えば蚊取り線香に含まれている防虫菊になります。

この殺虫剤の代表とも言えるプレスロイドは神経毒になり、神経細胞に強く作用し、麻痺や痙攣を起こし、死に至ることもあります。

とはいえ、昆虫や両生類爬虫類に効果があり、人間をはじめとする哺乳類、鳥類にはほとんど影響がないとも言われています。人間には作用しないし、即効性はあるが分解も早いとも言われています。

しかし逆に、まったく無害かと言えばそうとも言えず、虫だろうが殺すような成分であるのは人間にとってもやはり毒と言える、という意見もあります。難しいところです。

もちろん、人間には無害という意見の中にも、アレルギー症状が出ることがあったり、化学性肺炎を発症する可能性があるとも言われています。結局は、まったく無害と言う訳ではないのです。

特に赤ちゃんや幼児に対しては、注意する必要があります。あまりに小さいうちからピレスロイド系殺虫剤が身近に使われていると、大きくなってからピレスロイドに対して体質的に過敏になってしまう可能性もあるとも言われます。

もちろん殺虫剤を全て否定するつもりはないですが、使いすぎない方がいいのは確かです。結局は、化学薬品なのですから。全く使わないと言うことではなく、殺虫剤を多用するのではなく最小限にしてみたらどうかと思います。

害虫と言われる虫も本来必ず殺さないといけない訳ではなく、例えば、蚊ならば部屋にいなければ問題ないはずです。(外なら刺されていいと言う訳ではないのですが…。)

では、どうやって害虫と言われる虫をやっつけたり追い払ったりするのか。人間の昔の知恵は本当にすごいものです。

蚊はご存知の通り、例えわずかでも水たまりがあれば、卵を産みます。そして、幼虫のボウフラになり、水の中で成長します。

庭の池などならば、金魚やメダカを飼うとボウフラを食べてくれます。

金魚が難しい場合は、銅を入れておく方法もあります。銅イオンがボウフラにダメージを与えるそうです。手頃なのは10円玉(1L当たり、20枚が目安)です。新たに駆除用品買うよりは、安いと思いますが、もったいないと思う人は別の銅製品を探しましょう。

後は、あえて罠というわけではないのですが、1つ容器に水を入れておき、ボウフラがわいたら水を捨てることを繰り返す。

他には、ラベンダーの香りも忌避剤の変わりになります。出入り口にオイルをスプレーしたり、ラベンダーの束を下げておくのもおしゃれでいいかもしれません。

ゴキブリは、昔からあるホウサン団子が効果的です。ただし、小さい子どもがいる家は注意が必要でしょう。材料は、ほう酸125g、玉ねぎのすりおろし大さじ1/2(ジャガイモのすりおろしも混ぜるといい)、砂糖大さじ1、小麦粉・牛乳各1/2カップで作れます。

素手で触らないようにしましょう。作るのは面倒と言う方は、買ってもいいと思います。

衣類の防虫には、やはりハーブがオススメです。服をしまう際にもきちんと汚れを落とし、しまっている間も時々虫干しをするといいです。

あえて薬品を使わなくても、自然のもので防虫効果があるものは、たくさんあります。ちなみにクモは害虫を食べてくれるので、クモは必要以上に退治しない方がいいでしょう。

菌にもいろいろ!除菌も大事だが身体を丈夫にすることも考えよう

昨今、巷には除菌や抗菌グッズが多く出回っています。と同時に、除菌をしないと病気になってしまうような印象を受けるコマーシャルもあります。

確かに季節によっては、カビやダニが繁殖しやすい時期や、ウィルスが蔓延しやすい季節があります。また環境によっても菌が繁殖しやすい場所もあります。だから除菌は必要なのでしょうか。

そもそも、除菌とはどういうことを指す言葉なのか。他とも比較して見てみるとわかると思いますが、それぞれ意味は違います。

滅菌とは、微生物やウィルスなど、全ての菌を死滅させることです。定義としては、100%死滅させるわけではなく生存確率が100万分の1以下になることだそうですが、100%でなくともかなりの菌がないことになります。

殺菌とは、有害性を持っている菌やウィルスを死滅させることです。薬事法の対象となる消毒薬など(医薬品)や薬用石けんなど(医薬部外品)の表記で使える言葉にもなります。雑貨品については、使えないそうです。

除菌とは、菌を減らす、排除することで、殺すとは限りません。雑貨品に使える言葉です。その為、菌を殺した場合にも薬事法の為に「殺菌」などの言葉が使えない商品では「除菌」となっていることもあります。

抗菌とは、菌の増殖を抑える、または阻害することです。

こうやって見ると、自分が考えていた内容とあっていたでしょうか。

ところで、日本の代表的な菌が何か知っていますか?麹(こうじ)菌です。これは何を作ってくれるのか、言葉でもうわかりますよね。微生物になるのですが、麹菌によって、お酒や味噌、醤油、鰹節など、日本の代表食品ができるのです。

他にも納豆菌や乳酸菌など、食品を作るのに必要な菌や身体に良いと言われる菌はいくらでもあります。善玉菌や悪玉菌という言葉があることでもわかると思います。

そうやって考えると、微生物や細菌全てが悪いわけではないですよね。

よく集団食中毒でも症状の酷い人と軽い人がいますよね。子どもと大人では当然違うのですが、同じ子どもでもやはり症状の酷い子と軽い子の違いがあります。皆が皆、同じ酷さとは限りません。その違いが体力や免疫力の違いであるのは、簡単に想像できると思います。

善玉菌と言われる身体によい菌は増えれば、腸の中の有害菌が増えるのを防いでくれます。他にもストレスが軽減されたり、免疫力が上がることにより、ガンへの抵抗力も増えます。

善玉菌が増え身体の免疫力や抵抗力が上がれば、多少の有害菌が身体に入っても負けません。(だから、食中毒でも症状が軽いと言えます。)

除菌グッズも身体にいい菌を敢えて除菌している訳ではないでしょう。しかし、身の周りの菌をやたらと殺菌や滅菌していたら、身体に良い菌までいなくなりかねません。最終的に身体の免疫力が落ちることに繋がってきます。

もちろんノロウィルスなど、強力で殺菌が必要なものもあります。病気の元となる菌を大事に育てろというのではなく、除菌グッズに頼らずに自然治癒力を強める、ウィルスに負けない身体を作る必要もあるのではないかと思います。

その為には、なるべく善玉菌などにより腸内環境を整える。それ以前に自然のエネルギーを持っている野菜など(旬の野菜は栄養価も高いです。)を食べて身体を作る、ということも必要なのではないでしょうか。

丈夫な身体を作ることは、必要以上に除菌グッズを買う必要もなくなり、(それこそ、除菌グッズは薬品ですので、環境にいいとは言えない部分もあります。)病気にもなりにくくなります。(病院へ行く必要も減ります。)だからこそ、節約にも繋がります。

掃除にも節約のヒントが?ちょっとした手間が節約に繋がることも

料理や洗濯ならばまだしも、掃除が苦手、という人は結構多いと思います。部屋を綺麗にすると気持ちがいいのはわかるけれど、忙しくてそんな余裕はない、と言う人もいるかもしれません。

しかし、ちょっとしたついでのひと手間ならばなんとかなるのではないでしょうか。それが、節約やエコに繋がるならば一番いいですよね。とはいえ、ピンとこない人もいるかもしれません。

洗いものが終わった後、ガスレンジ回りや、電子レンジ回りを軽くひと拭きする。トイレに入ったついでに床や便座をさっと拭く。歯みがきをしたら、洗面台や鏡を拭く。

「わかるけど、綺麗にしたい所が多すぎてできない。」という人もいるでしょう。一度に全部やらなくても、ゴシゴシ力を入れて頑張らなくてもいいんです。その時、または1日に1か所でもいいと思います。

都度違う場所を軽くひと拭きする形でいいので、毎日続けることが大切です。そうなると習慣化してきて、ついで掃除も苦になりません。自分で掃除するポイントや目につく箇所もわかってきます。

いちいち掃除道具を引っ張り出すのも面倒ですから、「ついで」をしやすい環境を作っておくと、続けやすいです。

洗面所やトイレの片隅、または引き出しや扉の中のわずかなスペースで構わないので、古Tシャツやタオル、シーツなど、捨てていい布を手ごろな大きさに切って置いておきます。目につくようなら、可愛い籠や箱に入れてもいいですよね。

それがないなら、エコの観点からはあまりオススメはしませんが、市販の除菌シートを使うのも一つの手です。そこからついで掃除に慣れて、ボロ布に移行していくのもありだと思います。

古歯ブラシも一緒にストックしておくと、ついで掃除に活躍します。古歯ブラシがなければ綿棒でもいいし、時間のある時にボロ布を割り箸に巻いて掃除用の棒を作っておいてもいいと思います。

それらを水でぬらして拭くだけでもいいのですが、どうせなら布や古歯ブラシと一緒に掃除用のスプレーも置いておくとついで掃除が楽です。100均で小さなスプレーを買って、そこに入れておけば、場所は取りません。

そのスプレーですが、わざわざお風呂用、トイレ用と場所別に買う必要もないのですが、わざわざたくさんの種類の洗剤を持っている人がいます。

基本的にはアルカリ性、酸性と性質を見て洗剤を使い分ければ、汚れは取れます。場所ごとではなく、汚れの種類ごとで考えれば、場所ごとに洗剤を買う必要はありません。

酸性の汚れとしては、油汚れ、皮脂の汚れがあります。アルカリ性の汚れとしては、水アカ、排泄物の汚れ、石けんカスがあります。

酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を使います。重層、炭酸塩(炭酸ソーダ)、セキス炭酸ソーダがあります。

アルカリ性の汚れには酸性の洗剤が効きます。クエン酸、酢などがあります。

それらでちょっとした掃除スプレーを作っておくのです。そうすれば、場所ごとの洗剤は不要です。

これが基本ですが、弱アルカリ性などわかりにくかったり、場所によっては油汚れと水アカといろいろ汚れが混ざっているなど、あるかもしれません。分からない時は、洗剤の裏面にどこの掃除にむいているのか記載されているのでそれで判断するといいでしょう。

他にも洗剤ではないのですが、米のとぎ汁は食器洗いに使えたりフローリングのワックス変わりになる、茶がら(お茶を飲んだ後の葉)はシンクの汚れ落としや脱臭変わりになります。これこそエコと言える使い方ですね。

最後に掃除で要注意なのは、「まぜるな危険」となっている洗剤は、他の洗剤や洗浄剤と混ざると有毒ガスが発生する場合があるので、守るようにしましょう。

適量が大切!洗濯に石けんを使うと水の汚染も防げて汚れも落ちる

洗濯をする時、何を使っていますか?大抵の人は洗剤ですよね。この洗剤ですが、実は「合成洗剤」が正しい表記です。

「合成洗剤」とは、元々アメリカから輸入されたものですが、日本で初めて市販されたのが1937年、製造されはじめたのが1950年頃だそうです。開発されたのも第一次世界大戦中、ドイツで石けんの原料が欠乏したことから始まります。

原料は知っていると思いますが、(天然油脂から作られるものもありますが)石油。まだまだ最近のものです。

対して、「石けん」の紀元は約1万年前、紀元前3000年前には石けんとして使われていたようです。当然天然素材から出来ています。合成洗剤と比べて問題なく使われてきたことが、その長い歴史からわかります。

今は合成洗剤が主流で、そもそも合成洗剤と石けんの違いすら知らない人も多いでしょう。実は歴史から見てわかるように大きく違うものです。それが、どう節約やエコに繋がるのかを説明したいと思います。

そもそも合成洗剤は先にも説明したように、石油から化学合成によって自然界にないものを作り出しています。それを「合成界面活性剤」として汚れを落とすことができるのですが、近年、化学によって作られた為、実は様々な点で問題視されています。

洗濯洗剤の成分表にも記載されているその「界面活性剤」とは何かですが、油と水は本来は混ざりません。それを混ぜ合わせることにより、汚れを落とすことができるように働きかけるものが「界面活性剤」と言います。

長い歴史のある石けんもそういう意味では界面活性剤になるのですが、洗剤と違うのは、「合成」か「天然」に存在しているものか。元々自然界に存在していたものが材料ならば、最終的に自然に戻っていきますが、合成の場合は人間の手で化学的に作り出しているのでそうはいかない、という点です。

合成界面活性剤による問題点としてよくあげられるのは、分解されにくいがために環境汚染の原因になっている、また、人間に対しては、遺伝子に傷をつけたり、精子を減少させる一因にもなっていると言われています。

合成洗剤には、他にも洗濯ものを白く染め上げる蛍光増白剤(皮膚刺激やアレルギーの原因になる可能性がある)や香りをつける香料(ものによってはアレルギーの原因と成り得る)を始め、いろいろなものが入っています。それらのモノによっては、環境や人体に影響が少なからずあるものもあります。

対して石けんは、環境だけでなく、長い歴史から見ても環境や身体にも負担が少ないことがわかっています。(赤ちゃん用の石けんは、大抵「合成界面活性剤」が使われていません。)

主婦湿疹も、(合成洗剤から石けんに変えてすぐは、反動で一旦悪くなることもありますが)人によっては石けんに変えて軽くなることもあります。

環境にも人体にも石けんの方が、負担が少ないと言えます。

しかし、合成洗剤の中には、洗剤量が少量ですみ、節水効果があるようなものもあります。一見良いように見えますが、量が少なくても汚れが落ちるというのは、それだけ強い作用があるとも言え、逆に見るとそれだけ悪い意味での影響も強い可能性があります。難しいところです。

ならば、石けんがいい、と言うかと言うと石けんだからいいとは言い切れません。使いすぎれば、自然分解しきれず環境に悪影響が出てくる可能性もあります。

一番は適量です。洗濯機に入れる洗濯ものも適量が一番、汚れが落ちると言います。実は水が一番汚れを落としているとも言われています。何事も正しい量や正しい使い方をするのが、環境にも人体にも負担が一番少なくなります。