特売に惑わされない!買い物上手は節約上手につながる

節約しようとつい特売に行ってしまうのは、誰でもあること。もちろん、それが悪いという訳ではありません。しかし、ちょっと考えてみると、必ずしも特売での買い物がメリットだけとは限りません。

「特売で得をしているのだから、デメリットなんかないはず。」と誰もが思うかもしれません。しかし、特売と言っても食品と雑貨消耗品では、大きくそのメリットやデメリットが変わってきます。

もちろん、買ったものをキチンと消費できるのであれば、さほど問題ではないと思います。しかし、特売を利用する方法での節約は一歩間違えば、節約の意味がなくなります。どころか、かえって無駄遣いになりかねないと思います。

腐ることのないティッシュやトイレットペーパーは大丈夫でしょうが、特に食品の場合、特売で大量に食品を買えば、そのデメリットがはっきりわかるのではないでしょうか。洗剤の場合もあまりに長期間になる場合は、あまりオススメできません。

また、家での保管場所もかなりのスペースを取ることになり、生活空間が狭くなり負担を感じることがあるかもしれません。

食品では、生ものを特売で買っても消費期限が切れて、食べられなくなる。買いすぎたものまでなんとか食べようとして、食べ過ぎてしまう。イコール肥満へと繋がってしまう。このようなことが考えられます。

このように、もしまとめて買った食品を無理して食べていたり、野菜を腐らせているようならば、買い物の仕方を考え直した方がいいかもしれません。

無駄買いを失くす方法としては、必要なものだけを先にメモしておき、それ以外のものは買わないようにする。特売でも必要以上に買わないように先にチラシでチェックをしておくのもいいかもしれません。

他にも財布の中身を少なめにして持って行く。歩いて買い物へ行くなど、なるべく買い物を沢山しないようにする工夫も必要です。要は、たくさん買うことができないような状況にしておくことも一つの手です。

または、いっそのこと買い物に行かないというのもありかもしれません。今は、ネットショッピングが充実しています。スーパーに行かなくても、食品を宅配してくれる業者はあります。

ネットや宅配の場合は一見価格が高く、節約に見えないかもしれませんが、節約とは安い買い物をすることを意味している訳ではありません。買うモノを必要最小限に抑えることも充分節約です。

それに大量に買って腐らせることは、エコとは言えません。例えば、(食品ではないですが)高価なものを買ってもずっとそれを使用し続けることは、最終的にエコに繋がります。特売に惑わされて買いすぎるのは、節約上手とは言えません。

それでも、ついつい大量に食品を買ってしまった場合、どうすればいいのか。

誰でも思い浮かぶことでしょうが、小分けして冷凍保存しておく。また、残り物もアイデア次第で次の日の美味しいおかずの一品にすることができます。

例えば、「ひじきの煮物」が食べ残ったとします。そこから何が作れるのでしょうか。豆腐、片栗粉と混ぜて豆腐ハンバーグ。卵と一緒に油揚げに詰めて、信田袋。ご飯(もち米とうるち米を合わせて)に混ぜて、おこわ。酢飯と混ぜて混ぜ寿司。ひき肉と混ぜてひじきの肉団子。かき揚げを作る時に混ぜても面白いかもしれません。

いろいろ試して失敗するのが怖かったら、今はネットでいくらでもレシピを見ることができます。そのまま使えたり、参考にできるレシピはきっとあります。

ついつい大量買いをしてしまう人は、その買い物方法で大丈夫なのか、一度考えてみませんか。